社員教育のコスト削減を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社員教育のコスト削減を実現
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

通常20万円Java、C#, iPhoneアプリ開発など
IT技術取得のための研修が14.5万円(*)で受講できるようになります。

*適用される助成金によって変動します。

iPhoneCourse30offJavaCourse30off CSharpCourse30off

キャリア形成促進助成金制度

従業員のキャリア形成の支援を図りたい企業様向けに、実施に係る費用や賃金の一部を助成する制度です。
この制度を利用することで最小限の費用で社員研修・教育訓練を実施することができます。

助成金を受けることで社員教育にかかるコストの大幅な削減を
実現することができます。

キャリア形成促進助成金活用例

実際にどれくらいのコスト削減ができるかというと

1. 1日あたり一人につき平均時給の8割の1/3の賃金助成が出ます。
2. 受講料に対して1/3の訓練助成が出ます。
*上限金額
・年間300時間未満:50,000円
・年間300から600時間:100,000円
・年間600時間以上:200,000円

例えば120,000円の講座をうけたとします。
これに助成金を適用することによって
以下のようにコスト削減が可能になります。
1.賃金助成 (平均時給が1800円の方の場合)
1,800円 x 0.8(助成率) x 1/3 (助成率) x 20(時間) = 9,500 円
2.経費助成
50,000円 (上限金額適用 200,000円 x 1/3 = 66,667円)
助成金合計
9,500円 (1) + 50,000円(2) = 59,500円

この200,000円の講座を受講すると一人当たり59,500円の助成金が支給され、
実質的にはかかるコストはが14,500円となります。

キャリア形成促進助成金向けの講座

EUIでは企業様向けにキャリア形成促進助成金を活用できる講座もご用意しております。

iPhoneアプリ開発総合訓練コース

iPhoneアプリ開発者を養成するコースとなります。
iPhoneアプリ開発に必要なプログラミング言語Objective-Cから業務レベルでiPhoneアプリが開発可能な知識を習得する内容となっております。

Java開発総合訓練コース

Java開発者を養成するコースとなります。
業務レベルで開発可能な知識を習得する内容となっております。

C#開発総合訓練コース

.Net Framework C#開発者を養成するコースとなります。
業務レベルで開発可能な知識を習得する内容となっております。

キャリア形成促進助成金制度の概要

企業内における労働者のキャリア形成の効果的な促進のため、その雇用する労働者、新たに雇い入れた労働者又は職業能力形成促進者を対象として、目標が明確化された職業訓練等の実施、自発的な職業能力開発の支援又は職業能力評価を推進する事業主に対して助成金が支給されます。

キャリア形成促進助成金制度詳細

助成対象事業主

1.雇用保険適用事業所の事業主であること。
2.職業能力開発推進者を選任し、都道府県職業能力開発協会に選任届けを提出していること。
3.労働組合等の意見を聴いて事業内職業能力開発計画及びこれに基づく年間職業能力開発計画を作成している事業主であり、当該計画の内容を従業員に対して周知しているものであること。
4.労働保険料を過去2年間を超えて滞納していないこと。
5.過去3年間雇用保険三事業に係るいずれの助成金について不正受給を行ったことがないこと。
6.実施する訓練についてあらかじめ各都道府県センターの受給資格認定を受けていること。
7.訓練期間中、所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払っていること。
(企業規模によりご利用できない場合がありますのでご了承ください)

助成内容

教育費助成 (3分の1~)
訓練に要した経費(事業内で自ら行う場合は、部外講師の謝金、施設の借上げ料及び教材費等の運営費、事業外の教育訓練機関に委託して行う場合は、入学料及び受講料)の一部を支給します。

賃金助成 (3分の1~)
訓練の実施時間に対して支払われた賃金の一部を支給します。

助成支給要件につきましては研修内容や企業様により異なりますので最寄の独立行政法人雇用・能力開発機構にご確認ください。

助成金支給の制限

・受講者が総訓練時間の8割以上を受講していない場合、経費・賃金ともに助成対象外です。
・1時間あたりの賃金助成額には、限度額が定められています。限度額は、雇用保険の基本手当の最高日額を、申請事業所の所定労働時間で除した額です。(金額は毎年改正されますので、都道府県センターに要確認)
・経費助成には総訓練時間300時間以内の場合、1人1コースあたり5万円までの限度額が定められています。
・目的が明確でない訓練または職務に直接関係しない訓練に対する助成は行いません。
・1事業所1年あたり500万円までの助成となります。

※詳しくは厚生労働省のキャリア形成促進助成金のページをご覧下さい。

Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.