Unity4.xで、Xcode6に書き出したときにビルドできない問題を回避

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Unity4.xで、Xcode6に書き出したときにビルドできない問題を回避
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Unity4.xで、Xcode6に書き出したときにビルドできない問題を回避

Unity-iPhone_xcodeproj

 

Xcodeを開いて次の3つのファイルに修正を加えます

CMVideoSampling.mm

#include <OpenGLES/ES3/gl.h>
#include <OpenGLES/ES3/glext.h>

この二行を上部の方に追加します(#includeのならびでOK)

GlesHelper.mm

#define GL_RGBA8_OES GL_RGBA8

#define glRenderbufferStorageMultisampleAPPLE glRenderbufferStorageMultisample

#define GL_DEPTH_COMPONENT24_OES GL_DEPTH_COMPONENT24

#define GL_DEPTH24_STENCIL8_OES GL_DEPTH24_STENCIL8

この四行を上部の方に追加します(classの外側)

main.mm

#include <time.h>

extern “C”
{
clock_t
clock$UNIX2003(void)
{
return clock();
}
}

上記のコードを追加(#includeの一番下に貼り付けでOK)

 

以上でビルドが通るようになります。

 

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.