Xcode活用 codesnipetを使おう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Xcode活用 codesnipetを使おう!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

コードスニペット、活用してますか?
よく使うコードをsnipetとして登録しておくと、プログラミング効率が格段に上がりますよ〜。

登録の仕方はとってもかんたん。

1.自分で作ったメソッドを選択する。

2.そのままドラッグしてCodeSnipetエリアにぽいっ。

 

以上です!

あとは、必要な時に呼び出して使うだけです。

登録済みのsnipetを使用する方法は二つあります。

1.codesnipetエリアから、目的のスニペットをコード画面にドラッグ&ドロップする

2.ショートカットキーで呼び出す

実際、コードを書いている最中には、2の方法が便利ですよね。

自分で登録したsnipetには、ショートカットがついていないので、edit画面から自分でわかりやすいショートカットをつけておきましょう。

また、edit画面では作成したsnipetのコードを編集する事もできます。

コメントを追加しておくのもいいと思いますし、もっとも良いのはこれ!

変更可能な部分を書いておく事です。

既存のスニペットだとinitialise などと書かれていて、キーボードのタブで移動して入力できるようになっている箇所です。

自分で追加したスニペットにこの変更可能な部分を付け加える方法は簡単。

変更したい部分を<# #> と囲めばOKです。

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.