cocos2d でボタンを押して画面遷移をする

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - cocos2d でボタンを押して画面遷移をする
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

まずは画面用のクラスを2つ作ります。

Cocos

テンプレートはCCNode class、サブクラスはCCLayer。

名前はFirstLayer、SecondLayerとしました。

レイヤーを加えたら必ずやる事が3つ

1、
hファイルに

を書き加え、
mファイルに

を書き加えます。

2、

FirstLayer.m に

を加える。

いきなりinitとだけ打ち込めばコード補完が出てくるので便利ですよ。
Cocos2

3、
同様にFirstLayer.m に

も書き加えます。

クラスファイルの用意ができたら

IntroLayer.mに、FirstLayer.hをインポート。

IntroLayer.mの一番下、

に書き換えてやります。
これで起動したらHelloWorldLayerでは無くFirstLayerが表示されるようになるわけです。

FirstLayer.mにSecondLayer.hをインポート。

FirstLayer.mの

– (id)init
メソッドに以下のコードを書く

SecondLayer.mの

– (id)init
メソッドには、とりあえずログ出しだけ書いておきます。

ここまで出来たらRunして試してみてください。
Cocos3

ちゃんと1画面目から2画面目に遷移できてますね。

Cocos4

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.