mamp環境にcakePHPを入れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - mamp環境にcakePHPを入れる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

1、ダウンロードしたら解凍してフォルダの名前を”cakephp”に変更

mampcakephp1

2、mampの”htdocs”に移動

Mampcakephp2

3、mamp proを起動したら
ブラウザでlocalhost:8888/(cakephpのフォルダの場所)を開くと、
真っ赤ですね。設定をしていきます。

Mampcakephp3

4、
・cakephpフォルダ → appフォルダ → tempフォルダ
・cakephpフォルダ → libフォルダ → Cakeフォルダ

をそれぞれアクセス権を変更。

まず鍵を開けてeveryoneのアクセス権を「読み/書き」に変更したら、「内包している項目に適用」をして下さい。

Mampcakephp4

5、
・cakephpフォルダ → appフォルダ → Configフォルダ → core.phpファイル

ファイルを開いたら

‘Security.salt’を検索して、ぐちゃぐちゃと書いてある文字列を何でもいいので書き換えて保存。

その下に’Security.cipherSeed’があるので、これも数列を何でもいいので書き換えて保存。

Mampcakephp5

6、MAMPを起動、phpMyAdminでcakephp用のデータベースを作る。ここではcakePHPとしておきました。

作ったcakePHPデータベースにユーザを追加

Mampcakephp6 jpg

7、cakephpフォルダ → appフォルダ → Configフォルダ → database.php.default ファイルの”.default”をとる。

Mampcakephp7

8、出来上がったdatabase.phpファイルを開いて、 public $default = array()のほうの’login’、’password’、’database’の内容をそれぞれphpMyAdminで作ったものに書き換える。

Mampcakephp8

とりあえずこれで準備オッケー

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.