【初心者からのIOS5】UIStepper

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【初心者からのIOS5】UIStepper
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

ついにでましたね。

 

今日はiOS5のUIStepperから値を取得する所まで、使ってみました。

まずは新規Xcodeプロジェクトを作成します。

 

UIStepper1

 

SIngle View Applicationを選びます。

 

UIStepper2

 

 

Product NameはTESTAppにしました。

ClassPrefixはデフォルトで作られるViewControllerの接頭辞です。

UIStepper3

 

 

プロジェクトを作成したら、左側のプロジェクトファイルからTESTAppViewController.xibを選択します。

その後右下にあるオブジェクトアイコンを選択します。

xibファイルの画面にドラッグアンドドロップして置いちゃいましょう。

UIStepper5

 

 

UIStepperからControlを押しながらクリックしてドラッグ、

水色の線をTESTAppViewController.hにActionを接続します

UIStepper5 2

 

つなげたあとは、NameとTypeを変更します。

UIStepper6

 

 

TESTAppViewController.hファイルを以下のように書き換えます。(id)> (UIStepper *)に変更

UIStepper7

 

TESTAppViewController.mも(id)> (UIStepper *)に変更をします。

UIStepper8

 

TESTAppViewController.mを以下のように編集して、

Stepperがおされた時のvalueを取得してログに表示しています。

UIStepper9

 

 

これでStepperが押されるたびに数字が増えたり、減ったりするのがログで確認できました。

うーん便利

UIStepper10

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.