【Xcode4】Code Snippet Libraryの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【Xcode4】Code Snippet Libraryの使い方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Xcode4でのCode Snippet Libraryの使い方をメモ。

まずプロジェクトを作成し、ViewアイコンをクリックしてUtilityウインドウを表示します。
Xcode4 コードスニペット1

右下のライブラリからCodeSnippetLibraryを選択します。

Xcode4 コードスニペット2

使いたいスニペットを選びます。C++のスニペットやCoreDataのスニペットもあるようです。

Xcode4 コードスニペット3

あとはコード上の使いたい場所にそのままドラッグ&ドロップするだけです。簡単です。
Xcode4 コードスニペット4

link_bar_eui 2

次は自作のコードスニペットを登録する方法です。
まず今後も再利用したいコードを書きます。

Xcode4 コードスニペット5

次にコードを範囲選択します。

Xcode4 コードスニペット6

後は先ほどと逆にライブラリ側にドラッグ&ドロップします。

Xcode4 コードスニペット7

これでライブラリに「My Code Snippet」という自作スニペットが作られます。
Xcode4 コードスニペット8

作成されたスニペットをダブルクリックして編集します。
タイトルや要約、ショートカット等を登録する事ができます。
Xcode4 コードスニペット9

link_bar_eui 2

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.