Interface Builder(インターフェースビルダー)でoutletやactionがが見つからない人へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Interface Builder(インターフェースビルダー)でoutletやactionがが見つからない人へ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

iPhone開発の記事などをみて、objective-cに挑戦しようとしても、

結構ハードルが高いですね。

理由としては、「iPhone開発環境の頻繁なアップデート」です

Interface Builder(インターフェースビルダー)も頻繁にアップデートを繰り返しているので、

情報がすぐに古くなってしまいます。

OutletやActionを作ろうとして、IBを探していても、
どこへいったのかということがあります。
(実はXCode4で、また変わるのですがそれは、別の記事にします)

201009081019.jpg

この画面をみて、「outletがないよー」と

諦めている人も多いと思いますが、

201009081022.jpg

こちらに移動しています。

上の選択からClassを選び

「自分が作ったクラス名」で、フィルターをかけましょう。

例 : sampleプロジェクトという名前で作ったら、sampleViewControllerという名前になっています。

そうすると、下のダイアログで、OutletとActionが見つかります。

これで、作業をつづけられますね。

ここから、マウスで簡単に

(IBOutlet) UITextFiled *myOutlet

などを書かなくても、できちゃう方法があるのですが、

それはまた次回。

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.