ダイエットの味方iPhoneアプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ダイエットの味方iPhoneアプリ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

食欲の秋が近づいてきますね。
おいしいものが沢山待ち構えていますが、冬眠を控えた熊さんにならないように気をつけたいものです。

iPhoneのアプリにも、ダイエットや健康管理に使えるものが色々とありますので、
この秋はiPhoneのアプリを片手にバランスよく食を満喫しましょう!

 

ということで、手軽に摂取カロリーの管理ができるiPhoneのアプリ、『カロリー管理』を使ってみました。

この『カロリー管理』は、ただ単に食べたもののカロリーを登録するだけではなくて、一日の許容量や

そこから引いて後どのくらい食べてもいいか、食べすぎか、などが一目でわかるようになっています。

 

 

まず、初めてアプリを起動すると、自分の体重などの設定をする画面が開きます。

 『カロリー管理』身体情報入力画面_iPhoneのアプリ

さらに、日常の活動レベルを3段階から選び。。。

『カロリー管理』活動レベル入力画面_iPhoneのアプリ

 

あと何Kg減らしたいかを設定する。

『カロリー管理』減量目標入力画面_iPhoneのアプリ

 

ちなみに、減量目標で選べる数値のMAXは10kgです。

また、終了日も自分で選べるのですが、これもあまり近い日付(たとえば、10kgを1ヶ月で!とか)

は選択することができないようになっています。

無茶な減量はダメよということなのでしょうね。

 

以上の項目設定が終わると、こんなかんじで、毎日の摂取カロリー量、減量カロリー量が計算されて出てきます。『カロリー管理』情報設定画面_iPhoneのアプリ

 

 

あとは、食事をしたらその都度何を食べたかを登録していけばよいだけです。

 

カロリーの登録方法は2種類あり、カロリーを直接入力する方法と、
食べたものを選ぶと自動的にその食品のカロリーが登録されるメニュー検索入力方法があります。

『カロリー管理』メイン画面_iPhoneのアプリ
メニュー検索では、食品(メニュー)名から検索と店名検索があります。

店名検索では、ファーストフードやファミレスなど有名なチェーン店が多く登録されているので、
たとえば「ケンタッキーのオリジナルチキン」といったように、実在するメニューを選択でき、とてもわかりやすい!

外食頼りの私などにはとても有難い機能です。

『カロリー管理』メニュー検索の店名検索画面_iPhoneのアプリ
さらに、メニュー名をタップすることで食べた量を4段階まで調整することができます。

こういう直感的な操作感は「iPhoneのアプリならでは」というかんじで、とても使いやすいです。

『カロリー管理』サイゼリヤ画面_iPhoneのアプリ

 

そして、メニューを登録した時の画面がまたかわいらしいのです。

静止画なのでわかりにくいのですが、ダイエットくん(勝手に命名)が、

「ぱくん!モグモグ」と口をあけてカロリーを摂取(笑)

『カロリー管理』モグモグ画面_iPhoneのアプリ

メイン画面もシンプルでわかりやすいです。

1日の摂取可能カロリーと、あと何キロカロリーとってよいかがわかる。

数値は毎日自動でリセットされます。

 

過去の履歴もあります。

日付ごとに一覧になっていて、その日何を食べたかと総カロリー数、高すぎたり低すぎたりすると、不健康ですよみたいな

アイコンが表示されます。

目標達成という点については、グラフなどがないのでちょっとよくわからないのですが
毎日こつこつと成果を積み上げていけば達成は間違いない、ということなのでしょう。

 

『カロリー管理』(※注意 このアプリはiPhone OS4.0以上の環境で動作します。)

iPhoneのアプリ-カロリー管理

価格/¥350
公式カテゴリ/健康&フィットネス
リリース/2010/07/26
バージョン/1.0

カロリー管理 - Soohyun Park

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.