monotouch購入 【iPhone開発日記】 その2 インストール手順

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - monotouch購入 【iPhone開発日記】 その2 インストール手順
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Fotolia_15526704_XS.jpg先日購入した、monotouchで日本語がうまく表示されないと言うトラブルがあったと思いますが、連休中にもかかわらず迅速な対応をしていただきました。
その結果、アンインストールを一回することによりうまく表示する事ができました。

MonoDevelop 2.0 AlphaのMac OS X版で日本語を表示する方法

結局はこの方法でうまくいきました。

MonoTouchの開発環境、インストール手順

1. まずはフレームワークのインストールです

http://www.go-mono.com/mono-downloads/download.html
(Latest Version: 2.4.2.3 – 2009/09/24 現在のバージョンです)

ここから対応するOSを選んでダウンロードします。(この場合はMACでしょう)

2. 次にMonoDevelopのインストールです

http://monodevelop.com/Download
(MonoDevelop 2.2 Beta 1 – 2009/09/24 現在のバージョンです)

Stableな2.0がありますが、ここは2.2を選びましょう。

3. 当然のことですが、iPhone開発をするわけなので、iPhoneのSDKを導入しましょう

http://developer.apple.com/iphone/
(iPhone OS 3.1 SDK – 2009/09/24 現在のバージョンです)

4. 最後のインストールです。monotouchをインストールしましょう。

体験版もダウンロードできます

http://monotouch.net/DownloadTrial
(MonoTouch 1.0 – 2009/09/24 現在のバージョンです)

4.1 購入した場合

=Activation.png

上記のような「アクティベーション・ダイアログ」がでますので、
メールでくるシリアルナンバーを入力して、アクティベートしてください。

5. 日本語化する

/Library/Frameworks/Mono.Framework/Version/Current/etc/pango/
に「pango.aliases」と言うファイルを作成します。
(同じフォルダーには「pango.modules」というファイルが存在しています。)

Finderからだと、
Macintosh HD -> ライブラリ -> Frameworks -> Mono.Framework -> Version -> Cureent -> etc -> pango
になります。

そのなかに

と言う内容だけを書いて、「pango.aliases」という名前で保存します。

6. 起動

monotouch起動画面.png

無事、日本語で起動しました。

関連している記事:


Copyright(c) 2010 EUI All Rights Reserved.